こんにちは。

プロフィールを見ていただきありがとうございます。

日本おうちワーク協会認定アドバイザーの中川ゆきこと申します。

このページでは、私がWebライターになった経緯をお話します。

憧れていた世界からの転落

憧れていた舞台制作会社で仕事が決まり、早く一人前になりたくて必死に取り組んだ結果、周りの社員に認識してもらえるようになりました。

 

しかし半年後、10日間だけ別の勤務先での仕事になり、これがきっかけで「適応障害」になってしまいました。

 

そこでは、今までとは違う作業があって、教えてもらいながら仕事をするようになりました。そこで長年勤めている社員と仕事のスピードの差が出たことで、初日から社員に目をつけられてしまい……。

次の日から怒号、無視、人格否定の日々が始まったのです。

 

しかし、私は「憧れていた場所で仕事をしているんだから頑張ろう。この人達も私を一人前にするためにキツイ言い方をしているだけだから大丈夫」と自分に言い聞かせ、自分を奮い立たせながら、毎日仕事に向かっていました。

 

しかし、不安からくる寝不足、動悸、涙が止まらない、などの症状が出て精神的には限界に達していたのです。

 

10日間が過ぎ、最後にお礼の挨拶をしたら無視をされことで、完全に自信をなくしてしまいました。元の職場に戻ったのですが、心は回復しないまま毎日が過ぎていったのです。

 

これまでの出来事を人事に相談し、クリニックを受診。適応障害と診断され、そのまましばらく会社を休むことになりました。

 

「この業界で頑張りたい」と思っていたので「退職」という考えは元々なく、療養後は復帰の予定で人事と話し合っていました。

 

しかし新型コロナウイルスの流行で人員削減、私も対象になり、復帰は叶わず……。

私の戻る場所は無くなり、また心が落ち込んでいったのです。

 

「なぜ私が仕事と居場所を失い、容赦ないパワハラをしたあの人達は厳重注意のみで安定した仕事と居場所を与えられているのか」

納得がいかず、会社への信頼も、慕っていた気持ちもなくなっていってしまいました。

人生の転機

そんな時、受診していたクリニックの先生が、

「無理に感情を納めなくていい、悔しいと思ったなら悔しいという感情を大事にして。

今の感情を素直に出せばいい。あなたの言葉は相手を不快にさせないから素直に気持ちを伝えて大丈夫。あなたのような人は直観を信じて行動すればうまくいくよ。自分を大事にしてね」

とアドバイスをしてくれたのです。

 

そこで私は、今まで自分の感情を偽っていたことに気づくことができました。

どん底からの復活!

このことがきっかけで、私は「自分を偽らず直観を信じて行動」をするように心がけました。

 

自分は何がしたい? どうやって社会復帰する?

いろいろ調べていた時に出会ったのが「おうちワーク」のWebライター講座でした。

 

「経験が生かせるかもしれない、やりたい!」と思い、ライターになろうと決めてすぐに講座に申し込みをしました。

そしてWebライター資格を取得、クラウドソーシングでライティングの仕事やブログの立ち上げができるまで体も心も回復していきました。

 

やりたいことが増えていき、外部の取材ライターの講座も受講し取材もできるライターになって自信を取り戻すことができたのです。

この経験から今度は、私がWebライターを目指している人の力になりたいと思い講師となりました。

 

この「モノを書く」業界で、Webライターを目指してみませんか?

 

最後までプロフィールを読んでいただき、ありがとうございました。

日本おうちワーク協会について

一般社団法人日本おうちワーク協会の認定講師です。

一般社団法人日本おうちワーク協会は家族のそばで「おうち」で働くという選択肢を広め、子育てや介護など制約のある人も自立し、イキイキと輝ける社会の発展に貢献します